tab版ウィンドウ

画面配置がtabで少し変わりました。
(現在 1.29 tab15)

画面.jpg

左側、ごちゃごちゃしてますが、これまでの配置の下にtabのブラシ設定があるからです。
tabをもっと活用したいなぁと思ったのですが、1024×768だとサイズが足りなくて不便でした。
なのでこれまでの形の少し空いた場所に、よく使うブラシのサイズ系項目だけ見えるように左にtabのブラシ設定を置きました。
これの良いところは、通常のウィンドウだとクリックした時に前面にそのウィンドウが出るのですが、tabだと出ないこと。
tab中心に使おうと思ったら前面への切り替えがないからツールオプションが邪魔だったりで不便だったのですけど。
オマケとして置いたら便利になりました。


以下、「続きを読む」は猫ペイントが合う人合わない人をうだうだ考えて綴ったものです。


よく「猫ペイント」で検索して、何か情報がないかなーと古いブログの記事も漁ったりしてます。
その中で「出来ることが多いようだけど、最初から用意されてないと面倒で自分には向かない」とコメントされてる方もいらっしゃって、なるほどなぁと。
線画のアンチエイリアスがSAIの方が綺麗とも書かれてたっけ??
ブラシ画像を「円2」「円3」にしてるようには見えない線でした。
そこにも気付かないくらい見ていないわけです。

非難するつもりで上記の例を出したのではありません。
「人それぞれ」の一例で、そして私が猫ペイントをブログを作るほど気に入ったポイントはここだなぁと思ったからです。

正直、自分はブラシの画像種類は「初めからは」不要派。
アナログの味が好きで、出来るだけ自分でちゃんと描きたいタイプですし。
テクスチャも、ペインターはテクスチャ効果ありで塗るけど、他のソフトでテクスチャ利用で塗るのは苦手です。

基本ブラシがシンプルどころか「ある」とは言えない猫ペイントは新鮮すぎて困りました。
ブラシセットのサンプルから、使うなら登録して使い易くすればいいという程度?
が。
自分の使いたい設定だけ登録して使うのがこんなに便利とはびっくりです。
ウィンドウも、使わない機能はそれだけ選んで閉じれる!
多機能、でも画面はスッキリさせれるなんて、「基本シンプルから付けたして行くのが丁度良い」という私には本当に有難いです。

用意されたものを使いたい人はPaintgraphic2とかSAIとか4thpaintとか、そういったものを。
用意されてる範囲で、でも機能はあまり要らない人はAzPainter2とか?
取り敢えず描ければいいけど、欲しくなったら自分で足せるような幅も欲しい職人タイプは猫ペイントで。
※描き味の好みは別問題。高価ソフトは機能充実してて当然なので省く。

勿論初めから色々とセットされてると便利とは思うのですが、1024×768には辛いことが多いです。
ブラシを選ぶ時にサイズまで画像や見本付きとか見ると、スライダー数値だけでいいのにと思います。
シンプルでいいんだ。シンプルで。


ソフト併用も含めて、自分が気に入れるソフトがあるのはすごく有難いです。
posted by むらせ at 2009年09月06日 19:52 | 設定・ウィンドウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする