テクスチャ貼り込み

公式のテクスチャの説明項目に、選択範囲とショートカットを使って簡単にトーン(テクスチャ)変更出来る方法が描いてあります。
これが機能せず普通の塗り潰しになる時があるので、自分はショートカットを変更して回避していたのですが、改めて原因を確認してみました。
ctrlを押している間、消しゴムになるKey設定にしていてそれが原因なのは分かっていたのでKey設定を開いての確認です。

テクスチャ塗り潰し1.png

「ctrl+クリック」を消しゴムに選択している状態でctrlを押したら、ブラシ設定で選んでいたはずのテクスチャ効果がなしの状態に。
これ、消しゴムの設定。
そのままctrl+Fを押したら描画色1色で塗られました。

テクスチャ塗り潰し2.png

消しゴムの設定もテクスチャ効果を使えるように変更。
すると成功。

「ctrl+クリックで消しゴム」以外の設定もみたのですが、ようするにctrl+Fを押した時の表に出てるブラシ設定が大事なようです。
「ctrl+クリックで消しゴム」の時に、ブラシ設定でテクスチャなしにして消しゴムではありにしても成功したし。

結論、ショートカットでテクスチャ効果ありの塗り潰しをしたい場合は
・ctrl+クリックの設定を「消しゴムor消しゴム系」以外
・「消しゴムor消しゴム系」にする場合、消しゴムの設定をテクスチャ使用設定にする
・又は、塗り潰しのショートカットをctrl+Fから変更する。(ctrlを使わないようにする)

のようです。

ctrl+クリックを「消しゴム系」にした場合の判定は消しゴムでの設定でした。
選択範囲を決めてるだけだから、そりゃそうなのか…。
posted by むらせ at 2009年09月09日 00:00 | レイヤープラグイン/テクスチャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。