塗り途中まで

■パーツ別け

背景_08パーツ別け.jpg

約1時間。
保存状態の都合でキャプチャー動画から(汗)
キャプってると文章用に保存ファイル名変えるの忘れます・・・。
棚の中の塗り分けがないのは、単純な挫折です。

塗り潰し(バケツツール)を使って、パーツ別けをしていきます。
アンチエイリアス使用で%は適当。
そして1pixel追加。
通常レイヤーで塗り潰しも100%。下が透けて見えないように。
選択範囲でなく塗り潰しを使うのは、Ctrl押しっぱなしを消しゴムにしてるので。
塗り潰しの方が楽なのです。

細かい部分は線画からはみ出してしまうので、1pixel追加を止めてみたりもしてます。
しかしそれをやると今度は塗り足りない状態になるから、結局消しゴムorブラシで修正から逃れられません・・・。

背景_09パーツ別け.jpg

棚の内側のパーツ別け。
影を塗る際に隣り合ってるとはみ出したりで修正が面倒なので、1段空けて分けてます。


■塗り(途中)

背景_10塗り途中.jpg

ここまでで3時間半。
後は棚関連と調整というところまでです。

障子なら障子と部分的なものを塗ったら、その場所の線画もレイヤーを透明保護して色を変更しました。
線画の色は塗りよりも濃くして、50%表示にしてバランスを見つつ塗っています。

背景_11畳.jpg
背景_12掛け軸.jpg 背景_13天井.jpg

何かとCIGARETTECANDYさんの色鉛筆セットが重宝してます。
畳は実物を見た時に縫い目のラインが目立ったので縦のラインを定規で描いて。
横のラインは色鉛筆でざかざかと描きました。
縦のラインも色鉛筆で、こちらは透明色を使って横ラインでざっと消してます。
あまり変化なかったですが。なんとなく・・・。
掛け軸の布部分も色鉛筆で描いて模様にしてます。
水墨画っぽいものはそれっぽければいいと思ったので、原寸で見ると意味不明です。
天井や柱部分も質感を意識して色鉛筆セットを使いました。

他、主に使っていたブラシは、

ギャルゲー塗りをする時に使ってる設定
b.n2=78
b.n6=0|b.n4=0|b.n13=0|b.n5=0|b.n14=124
b.n18=141|b.n17=0|b.n16=1|b.n12=1|b.n3=38.1688056047463
b.n21=1|b.n22=1|b.n23=0|b.n24=0.0378849819980828|b.n25=0
b.n31=3.71134020618557|b.n28=0|b.n26=100|b.n27=0|b.n29=0
b.n30=0|b.n33=0|b.n32=0|b.n34=0|b.n35=0
b.n36=1|b.n37=4|b.n38=140|b.n39=0|b.n40=0
b.n41=0|b.n42=0|b.n43=0|b.n44=1|b.n45=4
b.n46=0|b.n100=|b.n1=10.3869516010021|b.n8=通常|b.n10=2
b.n11=1|b.n15=1|b.bitmap_file=円|b.bitmap_folder=|b.texture_file=
b.texture_folder=


エアブラシもどき1
b.bitmap_file=円3
b.bitmap_folder=|b.n1=20.3675721321709|b.n10=0|b.n100=|b.n11=1
b.n12=0|b.n13=0|b.n14=256|b.n15=1|b.n16=1
b.n17=0|b.n18=212|b.n2=2|b.n201=|b.n202=
b.n203=|b.n21=1|b.n22=1|b.n23=0|b.n24=0.752922655415764
b.n25=0|b.n26=100|b.n27=0|b.n28=0|b.n29=0
b.n3=4.10350063872837|b.n30=0|b.n31=3.71134020618557|b.n32=0|b.n33=0
b.n34=0|b.n35=0|b.n36=1|b.n37=4|b.n38=140
b.n39=0|b.n4=0|b.n40=0|b.n41=0|b.n42=0
b.n43=0|b.n44=1|b.n45=0|b.n46=0|b.n48=256
b.n5=0|b.n6=0|b.n8=通常|b.texture_file=|b.texture_folder=


エアブラシもどき2
b.bitmap_file=円3
b.bitmap_folder=|b.n1=88.7934316365098|b.n10=2|b.n100=|b.n11=1
b.n12=0|b.n13=92|b.n14=189|b.n15=1|b.n16=1
b.n17=0|b.n18=248|b.n2=61|b.n201=|b.n202=
b.n203=|b.n21=1|b.n22=1|b.n23=0|b.n24=0
b.n25=0|b.n26=100|b.n27=0|b.n28=0|b.n29=0
b.n3=11.8142383354539|b.n30=0|b.n31=0|b.n32=0|b.n33=0
b.n34=0|b.n35=0|b.n36=1|b.n37=4|b.n38=140
b.n39=0|b.n4=46|b.n40=0|b.n41=0|b.n42=1
b.n43=0|b.n44=1|b.n45=1|b.n46=0|b.n48=166
b.n5=0|b.n6=0|b.n8=通常|b.texture_file=|b.texture_folder=



ギャルゲ用とエアブラシもどき1は重ねると下の色と混ざって伸びるので、ムラを少なくしたいときに使ったり、普通のブラシを使ったあとにそれの淵をぼかすのに使用してます。
エアブラシもどき2は重ねても混ざらない(ように見える)ので、混ぜずに重ねたい時にも使用しました。
posted by むらせ at 2009年11月13日 02:24 | メイキング・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする