その9

たまには他ソフトも使用した塗りの絵も。

a_1年.jpg
(クリックで原寸)

線画まで猫ペイントを使って、基本の塗りをペインター水彩、それからまた猫ペイントに戻って色鉛筆風を塗り足しています。
※ペインターから直接猫ペで開こうとするとエラーが出て開けないので、写真屋で一度開いて保存してます。

※追記
バージョン無関係でペインター保存ファイルが開けるようになってました。
多分自分のPCのdllとか、その辺りの関係だと思います。
厳密な原因は不明。


猫ペで水彩風の塗りはできるのだから、わざわざソフト変更しなくても・・・と思う気持ちもあるのですが、ペインター6水彩の塗り心地が好きなのです。

色鉛筆風での影付けなしはこんな感じ。
a_1年2.jpg

暖か味のある優しい絵を目指したかったので、色鉛筆風を使いました。
あ、CIGARETTECANDYさんのところにある色鉛筆ブラシです。
私は筆圧が低いので、濃度を増やして使ってます。
今回の絵は動画用で50%(512×384)に縮小してから使用するのが決まっていたので、ブラシサイズも大きくしています。

w.png

同じ橙色でも、『橙色一色』と『赤や黄色も混ざって結果橙色に見える』とでば、印象が違います。
ペインターを使っているのはこの辺りが主な理由です。
ペインター水彩は選んだ色と少し違う色も出るので。
他ソフトでは5・6回色を変更して塗るところを、ペインターでは2.3回で済ませられるのですね。

この動画用の絵では『優しい・可愛い・ほのぼの・暖かい』が目標だったので、水彩の混色と色鉛筆を選びました。

posted by むらせ at 2010年02月19日 20:08 | 絵・水彩もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。