SAIの鉛筆ブラシっぽいもの

SAIの鉛筆ブラシっぽいもの。
最近掲示板にそういった質問があって、面白そうだったから色々遊んでました。
ネタ拝借すみません。

取り合えずSAIの設定は、手ぶれ補正3、黒(R00G00B00)、濃度100%、
ブラシの輪郭のぼけ具合は左から3番目(ぼけ少し)、通常の円形です。
どちらも透明レイヤーに描いて調整していきました。

■サイズ5


■サイズ15


■サイズ50


他、ブラシ画像を新しく登録しないといけないもの。

sai筆.png sai筆2.png sai筆3.png
左から sai筆.png、sai筆2.png、sai筆3.png

■鉛筆 サイズ50 濃度40%


■筆 サイズ30 濃度100%


■筆 サイズ30 濃度70%


■筆 サイズ30 濃度40%


■筆 サイズ70 濃度70%


■エアブラシ サイズ30 濃度70%(この猫ペは28%)


SAIの濃度変更を猫ペで再現しようと思ったら、ブラシ画像を薄くしたものを用意しないといけないようです。
上記のエアブラシの濃度がSAIと猫ペで違うのは、薄くしたブラシ画像を作ってないからです。
筆の水分量や、水彩筆、マーカーは、作れないっぽいので諦めました。

あと、どうにもならない差で、筆圧認識がありました。
(ペンタブにもよるかもしれませんが)
ペンタブにペン先を当てて力を入れずに動かした時、猫ペではなかなか描画されないのですが、SAIでは薄っすら描画されました。
因みに、ペインターでも色が付きます。
あと、猫ペのブラシは画像を読み込んでそれを重ねていく方法だから、設定によっては最初と最後にブラシの形が残ってしまいますね。
SAIの色がとても滑らかに伸びるという特徴も、流石に再現するのは不可能です。

描画のシステムから全く異なるので、正直これらの設定を登録しても使い難いだけだと思うのですが。
弄り甲斐はあって楽しかったです。
posted by むらせ at 2010年03月12日 19:16 | 設定・ブラシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする