ペン入れまで

猫ペイントで白黒原稿も作れちゃうんだぜ!
ってことで原稿メイキングです。
白黒なのでグレネコ使用。

キャンバスサイズは3732×5198pixelです。
これはA5、600dpiでタチキリ5mmのサイズです。
私は見た目で分かり易いようにこんなのを作ってます。
A5右ページ内枠・グリッド・のど600 のコピー.gif

濃い灰色はのど(本になった時に内側にくる部分)、周りの薄い灰色はタチキリ(裁断される部分)です。
縮小&4コマ用の枠に重なって見えませんが、内枠のラインもあります。
同人誌なんかだと内枠の概念のない原稿が増えているようですが、内枠は読み易い原稿作りの基本です。
特にセリフ。
ページ数の多くない個人誌ならのどに文字を入れても問題ないでしょうが、アンソロ等100Pを越えるような本の場合はのどの文字は読者に読んで貰えないつもりで原稿作成しましょう。
byアンソロ主催補佐の経験者より

いやホント、本を無理矢理開いてまで内側の文字を読んだりしませんから。
って、猫ペ無関係ですね。すみません。
えーと、上記のデータをアップしておきます。
B5も600dpiで、タチキリ5mmです。
A5・600dpi.zip (RGB)
B5_600dpi.zip (グレスケ)

4コマ3本(2P)なので、今回は先に完成を貼りますー。
2p.jpg 1p.jpg

右の「手伝わないよ」から読んでくださいませー。
あ、サンライズさんでのデータ入稿はすっっっっごく綺麗にそのまま刷ってくれるので、90%でも潰れなさそうでした。
(試してないけど、潰れると思ってた場所が全く潰れてなかったので)

■下書きまで
z01.jpg z02.jpg
ネームとアタリをざっくり決めてから、先に文字入れをしました。
文字を先にいれてるのは、文字のバランス確認(配置含む)をしたかったからです。
下書きに掛かった時間は約1時間20分でした。

■ペン入れ
z03.jpg

ペン入れはセリフの枠から始めました。
枠内は描かなくていいから。
えーと、アップしてる画像はどれも縮小してるし関係ないのですけど、このペン入れは敢えてアンチエイリアスありで描いてます。
猫ペ初期セットにも入ってる「綿。(わた)いっぱいの愛を!」さんのGペン、丸ペン設定を弄ったものです。
表示倍率は主に50%で描きました。
線がガタガタになるけど、常に几帳面にペン入れしていくのもどうなのかなーとちょっと思ってて。
すみません、経験足りなくて彷徨ってます。
右下の模様は回転・左右対称を使って描いてます。
レースは前に作っておいたもの。
初期のブラシサイズ最大(400)だとこれが精一杯でした。
動画撮ってたので一旦諦めて、後から弄って大きくしてます(汗)
ペン入れの時間は約4時間でした。
posted by むらせ at 2010年04月28日 00:52 | メイキング・白黒原稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。