スクリプトの登録方法

スクリプトの組み方はさて置き、取り合えず登録方法を記しておこうと思います。
猫ペイントの「script」フォルダの中、「menu」フォルダの中に必要なファイルがあります。
.nasファイル をDLした場合も、「menu」フォルダの中に入れます。


0aa.jpg

非表示レイヤー削除、公式の下から削除していく方法は、下2つが非表示だと1枚残るので上から削除するものを組んでみました。

np_image img = get_active_image();//編集中の画像を取得

int i,v; v = get_layer_count(img);//レイヤーの数をvに取得
for (int i = 0; i < v; --v) {//繰り返し

np_layer l = get_layer(img,v-1);//取得レイヤーを指定

//レイヤーが非表示ならレイヤーを削除
if (get_visible(l) == false) {
set_active_layer(img,l);
np_cmd(1283);//レイヤーを削除
}
}


これをリスト登録する場合です。
上記のはウィンドウスクリプトに貼り付けるならOKなのですが、リスト相手だと少し足りません。

今回は 000.txt というファイルを用意してその中にスクリプトを書き込みました。

0bb.jpg

赤枠の中が上に太文字で載せたスクリプトです。
ウィンドウに直接書き込む時にはこれで十分ですが、リストに加える場合はスクリプトがどこにあるのか指定しなければなりません。
黄緑部分はこちらで適当に決めて良い名前です。
面倒なので公式の非表示レイヤー削除に2を加えただけにしました。
水色の{かっこ}は、「ここからここまで読み込みます」という意味。

void わかりやすい名前を半角英数で() { スクリプト }

voidの後に半角空白必須です。
()も忘れないように。
「わかりやすい名前を半角英数で」と、ありますが、確かプログラム系のお約束で、特殊文字が使われていたり、最初に数字があったりするとエラーになります。
全角スペースにもご注意ください。見た目で間違いがわかりません。


次はリスト。user_list.txtに書きました。

0cc.jpg

最初に呼び出したいスクリプトを書いたファイル名を書きます。
そしたら半角空白を空けて先ほど自分で決めたスクリプトの指定名を書きます。
また半角空白を作って、半角#。
# 以降に猫ペを起動した時に使う名前を入力してください。
リストは猫ペで実際に使う時の為に、スクリプトがどこにあるのかを指定してるんですね。

これでネコペを起動すればリストに追加されていると思います。
公式で作ってあるスクリプトの書かれたファイルの拡張子は.nasですが、リストの呼び出しで拡張子も指定していたので.txtでも可能だと判断して実際に今回試してみました。
拡張子削られてたら.nas固定ということなので出来なかった技です。
追記
ただし、.txt だと1度の猫ペ起動で複数スクリプトを扱っているうちに無反応になることがあるようです。(npaint_script24 で確認)
.nas にしたら問題なくなりました。

※変わってなかったですorz エラーがでる原因は不明。


こういったものに慣れてない人のことを考えて画像付きにしてみましたが、もしこれでも分からない部分があれば、報告次第で説明加えさせていただきますー。
posted by むらせ at 2010年08月13日 19:23 | スクリプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする