コマ割り補佐スクリプト

npaint_script27 からコマ割りガイドが使えるようになったので
そのスクリプトを作りました。
枠線の隙間を均一にできます。(斜線は角度によるので均一ではありません)
説明は続きに。

0waku.nas
※ 2013.02.08
斜めラインの右上がりと右下がりで幅が違ってしまっていたのを修正しました。
ついでに、内枠ガイドを2種のみですが追加して、escapeキーを押してもすぐに反映されないところなども修正しています。

※ 2014.12.14
斜め用の幅を、縦方向と横方向、45度辺りの幅も別々に指定できるようにしました。


DLして登録する場合、user_list.txtに
0waku.nas waku_guide #枠線ガイド
と書いてください。

尚、「コマ割りガイドツール」は、漫画の枠線を描くとき角の合わせ(長さ)を気にせず描けます。
728807180.png


//---------- 設定 ----------//

double x_width = 70 ; // 縦線の時の横幅
double y_width = 150 ; // 横線の時の縦幅
double s_width_y = 90 ; // 縦方向斜めの時の幅
double s_width_x = 130 ; // 横方向斜めの時の幅
double s_width_45 = 70 ; // 斜め45度の時の幅
double sh_width = 60 ; // 斜めの時の幅がせまくなりすぎないように予備

double check = 50 ; // 水平・垂直用 誤差の許容範囲 このピクセル数以下ならば、水平・垂直と判断します
double check_s = 20 ; // 斜め用 45度付近の幅、誤差の許容範囲


// 内枠用グリッド
// 600dpi A5、タチキリ5mm用の内枠ガイドは数値 1
// 600dpi B5、タチキリ5mm用の内枠ガイドは数値 2
// 内枠ガイド不要ならば数値 0

int in_side= 0 ;


//----- 設定ここまで ------//


スクリプトのこの部分の数値を好みで変更してください。
予備の部分は、斜線の角度が急の時、2本の線がほぼ重なってしまうのを避ける為に用意した数値です。


描画に関しては画像を使って説明。
このラフにスクリプトも使ってコマ割りをしてみます。
(灰色はタチキリと内枠)
k.jpg

この見本ではスクリプトでのガイドを先に作成。
無題1.jpg

スクリプト実行後、最初のクリックでまず周囲にガイドが作られます。
変形ゴマに対応する為です。
ピンクのラインは実際にクリックした場所。
選んだ部分を中心に2重線のガイドが引かれます。
クリック個所そのままだとどうしてもずれてしまうので、誤差は強制的に垂直・水平のラインになるように修正されます。
この誤差の数値も変更可能です。
スクリプトを終了する時はESCAPEキーを押して下さい。

そして通常のコマ割りツール
無題2.jpg

スクリプトそのまま使って、描画だけしないというのも可能です。
ですが、スクリプトは中心を選ぶやり方なので、1本線のこちらの方が楽かな?と。

あとはブラシツールを選んで、ツールオプションの直線or矩形で描画。
無題3.jpg
タグ:スクリプト
posted by むらせ at 2010年12月26日 22:36 | スクリプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする