グリッド作成スクリプト

グリッドをより使い易く正方形など追加してくださった方がいらっしゃいました。
(私が組んだものは見た目が嵩張るので続きに移動)

http://ux.getuploader.com/Frog/download/40/Frog_40.nas
このアドレスから落としたnasファイルを grid_user.nas とリネームして
user_listに
grid_user.nas draw_grid3 #グリッド/3分割
grid_user.nas draw_grid6 #グリッド/6分割
grid_user.nas draw_grid9 #グリッド/9分割
grid_user.nas draw_grid_sq3 #グリッド/正方形分割3
grid_user.nas draw_grid_sq6 #グリッド/正方形分割6
grid_user.nas draw_grid_sq9 #グリッド/正方形分割9

と追加してみました。

t.jpg
こんな感じです。
nasファイルの最後の方に
void draw_grid3(){
draw_grid(3);
}
こういうのがあるので、分割数を変更したいなら
void draw_grid20(){
draw_grid(20);
}
という感じで数字部分を変更すれば3・6・9以外の分割数も可能です。
作成者様ありがとうございます。

以前の文章。
どんなスクリプトか取り合えず確認だけしたい方は、こちらをウィンドウスクリプトに貼り付けてお試しください。
********************************

「ネコトレグリッド模写みたいな簡易グリッドで良いのでグリッド表示に対応して欲しい」という方がいらっしゃったので、取り合えずグリッド模写のスクリプトをちょいと改造してみました。
使用してるファイルで新規レイヤーを作ってグリッドをひきます。
分割数が6だとしたら、その半分の分割数3の場所で線を太くしてます。

// 分割数
double division = 6 ;

np_cmd(NP_NEW_LAYER);

np_canvas c = get_active_canvas();
np_image img = get_active_image();
np_layer layer = get_active_layer(img);

set_name(layer,"グリッド");// レイヤー名変更

int w = get_width(img);
int h = get_height(img);

// ブラシサイズを取得
double old_brush_size = get_brush_size();

int divx = division;
for (int i = 0; i <= divx; ++i) {
double xi = i % 2 ;

if ( 1 < i && xi<=0){
set_brush_size(3);// ブラシサイズ変更
}
else {
set_brush_size(2);// ブラシサイズ変更
}
draw_line(c,i * w / divx, 0, i * w / divx,h);
}
int divy = division;
for (int j = 0; j <= divy; ++j) {
double yj = j % 2 ;

if ( 1 < j && yj<=0){
set_brush_size(3);// ブラシサイズ変更
}
else {
set_brush_size(2);// ブラシサイズ変更
}
draw_line(c,0,j * h / divy,w,j * h / divy);
}

// ブラシサイズを戻す
set_brush_size(old_brush_size);
タグ:スクリプト
posted by むらせ at 2012年06月24日 00:01 | スクリプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする