加工・セピア化色々 その1

NekoPaintの便利機能まとめ
http://togetter.com/li/433019

この中で「セピア加工も難しくない」 と
713897084.png
オーバーレイを使っていますが、他のやり方やどう違うのか補足していこうと思います。

■グループ化でセピア化
線画抽出したあと、新規レイヤーを作成して茶色で塗り潰し、そしてグループ化(クリッピング)にチェックを入れます。
オリジナル画像
セピア加工2_01オリジナル.jpg

【線画抽出】→【新規レイヤー】→【茶色で塗り潰し】→【グループ化】セピア加工2_03グループ化.jpgレイヤーグループ化.png

オバーレイだと、設定した色はちょっと違いますが、こんな感じになります。
セピア加工2_02オーバーレイ.jpg

オーバーレイを重ねたときは暗い色が残るので、濃い部分と薄い部分をそれなりにはっきりさせたいならオーバーレイが良いです。
グループ化を使うと全て塗り潰された色に変化します。色が違ってみえるのは透明度の差です。

オーバレイだと濃い、かといって、グループ化だと薄い・・・という場合は、グループ化した上にオーバーレイレイヤーを乗せて、2つのレイヤーの不透明度を下げるとやりやすいと思います。

■トーンカーブ・・・の前に、透明とグレーの違い
白黒画像にするには【線画抽出】が楽なので上記ではそれを使っていますが、
白黒の画像そのものは、「黒・透明」「黒・グレー・白」という2パターンあります。
「黒・透明」は、下に何もない=白だから、白黒に見えるだけです。
トーンカーブで色調補正するとき、「黒・グレー・白」の白い部分は何もないように見えますが、データとしては存在しているため注意が必要です。
動かす場所によっては、白から黄色に変更したりします。

猫ペイントでグレー画像にするには、
「画像をグレ猫で開いて上書き保存」
koppe panのdownloadページからレイヤーモードをDLして、グレースケール化を使えるようにする。そしてレイヤーモードをグレー→下に新規レイヤー作成→2枚を結合」
「線画抽出して、その下に新規レイヤー作成→白で塗り潰す→2枚を結合」
この3種類があります。(グレー化したい画像に半透明部分がないこと前提)

その2に続く

posted by むらせ at 2013年01月07日 23:30 | 加工・セピア化色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする