完成まで

猫娘も同じようにぐりぐり。

0020.png

エプロンのレース部分はレースブラシ使用。
「間隔」の数値を下げてこんな風に描いたのですが、
0033.jpg

よく考えたら布の流れを無視してたので、1つずつ合わせていきました。
0032.jpg

猫の毛部分は取り敢えず模様を塗って
0013.png

ブラシサンプルの「野原」で毛の方向にササっと。
0014.png

目に髪が被る部分の線画がうすーくあるのは
レイヤー2枚(複製)技です。
1枚は髪の毛が被ってる部分を消して、もう1枚はレイヤー不透明度を下げただけ。

0024.png

ここの処理は迷っていたので、レイヤーマスクを使って見えなくしてました。

0023.png

消しゴムで消してたら、消す前のデータからコピペという面倒なことになってたです。

他、全体的に調整。
右の子の髪の毛が青み掛かってるのは、裏地と同じようなやり方です。

0022.png

これで人物塗り完成。

適当に背景に模様追加で終了
ティチェ灰白猫.jpg

模様用ブラシ

■ペケ削り_小・背景
b.bitmap_file=ペケ削り_小
b.bitmap_folder=|b.n1=80.5624661329894|b.n10=0|b.n100=|b.n11=1
b.n12=1|b.n13=74|b.n14=256|b.n15=1|b.n16=3
b.n17=0|b.n18=0|b.n2=256|b.n201=|b.n202=
b.n203=|b.n204=0 0 4096 0|b.n205=0 0 4096 0|b.n21=1|b.n22=1
b.n23=0|b.n24=0|b.n25=0|b.n26=100|b.n27=0
b.n28=50|b.n29=0|b.n3=138.476288103098|b.n30=1|b.n31=0
b.n32=0|b.n33=0|b.n34=0|b.n35=162.043795620438|b.n36=1
b.n37=4|b.n38=140|b.n39=0|b.n4=77|b.n40=0
b.n41=0|b.n42=0|b.n43=0|b.n44=1|b.n45=4
b.n46=0|b.n48=256|b.n49=0|b.n5=204|b.n50=0
b.n51=256|b.n52=0|b.n53=69|b.n54=0|b.n55=0
b.n6=239|b.n8=境界|b.texture_file=砂目|b.texture_folder=


上記のブラシでざっと描いてから、ブラシ画像を菱形にしてまたざっと描いてます。
四角や丸のブラシ画像にして、サイズを小さくしてもよいと思います。

tttt.jpg

■境界まるまる
b.bitmap_file=円
b.bitmap_folder=|b.n1=13.3993702583543|b.n10=0|b.n100=|b.n11=1
b.n12=1|b.n13=0|b.n14=256|b.n15=1|b.n16=1
b.n17=0|b.n18=0|b.n2=256|b.n201=0 51 2627 1945 4096 4096|b.n202=
b.n203=|b.n204=0 0 4096 0|b.n205=0 0 4096 0|b.n21=1|b.n22=1
b.n23=0|b.n24=0|b.n25=0|b.n26=100|b.n27=0
b.n28=0|b.n29=0|b.n3=352.547061931992|b.n30=0|b.n31=3.71134020618557
b.n32=0|b.n33=0|b.n34=1|b.n35=0|b.n36=1
b.n37=11.8394160583942|b.n38=256|b.n39=0|b.n4=0|b.n40=0
b.n41=0|b.n42=0|b.n43=0|b.n44=1|b.n45=0
b.n46=0|b.n48=256|b.n49=0|b.n5=46|b.n50=0
b.n51=256|b.n52=0|b.n53=91|b.n54=0|b.n55=0
b.n6=0|b.n8=境界|b.texture_file=|b.texture_folder=


影の取り方

自動選択ツールで「隣接」のチェックを外して白部分を選ぶと酷いことに。
ピンク部分が選択された範囲です。
0025.png

しかしこういう絵で「隣接」アリにして一つ一つ選択するのは面倒です。
私はこんなとき、塗り用フォルダに、「レイヤーの複製」を利用してます。
塗りの結合レイヤーが作成されます。

0026.png

結合レイヤーに対して色調補正。

0029.png

明るい部分が残ってるのは、上にハイライトとレース用レイヤーがあるから。
それらを非表示にし、念のため線画の色変更レイヤーも非表示。

0030.png

これで塗られていない場所だけを選択することができました。
あとは、選択の反転→新規レイヤー作成→塗りつぶしでOK。
縁取りしたいときは、選択範囲反転したあとに拡大してます。
今回は移動ツールでちょっとずらして、途切れてる端っこを描き足して終了。

PSDデータを見たい方はどうぞ
nyanmaking.zip

こちらのPCのカラープロファイル設定はsRGBです。
(猫ペにはカラーマネジメントありません)
液晶ディスプレイとカラーマネージメント

posted by むらせ at 2013年05月16日 22:35 | メイキング・デジタル水彩2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。