ベクターレイヤー感想

辛いなーと思ったもの
・通常レイヤーと一緒に保存できない。
・ラスタライズするには保存して開き直すか、フォルダに入れて「レイヤーの複製」をするしかない。
・一まとめでの位置移動が不可能。
・変形不可能。
・アンデゥ、リドゥが不安定。
・通常レイヤー側でバグが発生しやすい。
・選択範囲に変換や塗り潰し不可能。
・1本線を分割できる、部分消去がない。
・辛くはないが、筆圧1・猫式補正ありの0のどちらかを使ってるとパスがキャンバス外に増える。

良いと思ったもの
・フリーハンドのみではなく、クリックでの描画(オプションで曲線を選択)も可能。
・選択範囲変換や塗り潰しは無理だが、複数のベクター線から選んで選択範囲または塗り潰しは面白い。

ざっくりこんな感じ。
test状態ですし仕方ないですね。

保存はかなり重要なので、通常レイヤーとベクターレイヤーを一緒に保存できる形式が欲しいです。
1bit・8bitレイヤーのように・・・と思ったけど、PSDを他で開いて上書き保存しちゃうと1bit・8bitのように簡単には行かないので、やはり独自形式が必要ですよね。

バグは、ベクター側で編集して、通常レイヤーでCtrl+Zを使うとそのレイヤーの描画が全て削除。
ベクター塗り潰しを使った通常レイヤーが、他のレイヤーと結合不可能になることがある。
あと、ウィンドウを弄ってるときと他で、強制終了するしかないエラーが出ました。
多分ベクターレイヤーを使っていたのが原因です。

拡大縮小など、変形は不可能ですが、以下のように読み込む前のキャンバスサイズによる拡大縮小、比率変形は可能です。
縮小拡大.png

キャンバスのサイズ追加で位置移動できないかなーとも思いましたが、
左上で固定されていました。
位置.png

あ、パスのできる位置ですが、線を描くときの速度が関係しているようです。
パスの数.png

メインとして使うのは保存&読み込みが面倒なのでオススメしませんが、使えないわけではないので機能の存在くらいは知っておいて損はないと思います。
ペン入れ途中にペンタブが壊れて、マウス作業するしかなかったのは

こんな絵なのですが。
000.jpg

ペンタブが壊れなくても、門の飾り部分は初めからベクターレイヤーを使うつもりでした。
フリーハンドで描くよりも調整が楽ですからね。
ちなみに、直線だらけなので、もともとフリーハンドでは描いてません。
ペンタブの方が腕に負担掛からないからペンタブを使ってるだけです。

念の為。一番上のレイヤーは、参考用写真です。
明治村画像庫2 の写真を使わせて貰いました。
該当写真

パスをどう動かしたらよいのかは、koppepanさんの
ベクターレイヤー編>を、参照ください。

posted by むらせ at 2013年08月10日 20:46 | メイキング・ベクターレイヤーレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする