線画抽出方法

スキャナで、グレーで取り込んだときの線画抽出は、超初心者向けの大雑把ポイントメイキング2
http://nekop.seesaa.net/article/145738356.htmlにあります。

CIGARETTECANDY の管理者さんの会話から、水色下書き+シャーペン清書をスキャナで取り込んだときの線画抽出方法を確認してみました。
※ 黄色下書きの場合は一番下にあります。

テスト用画像
線画抽出01.png

これを弄っていきます。

線画抽出a.png

メニューバー 【イメージ】→【トーンカーブ(V)】を開き、赤の左側の丸を上に持っていきます。

線画抽出b.png

緑も同様に。
なお、ここまでの作業はレイヤーモードでも可能でした。
00df.png
新規レイヤーを作って、R0,G0,B255 の青で塗り潰し、レイヤーモードを「論理包含」に変更。
0afw.png
「比較(明るさ)」を使うなら、黄色で塗り潰し。

■ 下書きが黄色のときも、以下の作業をしていきます。
線画抽出c.png

スキャナ読み込みだと、全体に薄くグレーがかかるので、RGBの項目でこんな形にします。
一つ前の画像だと、全体が黄色になっちゃってましたが、これで白くなりました。
正直、真っ黄色は目が痛いですね・・・。

線画抽出d.png

メニューバー 【レイヤー】→【線画抽出】をクリック

線画抽出03.png

このままだと薄いので・・・

線画抽出e.png

再び メニューバー 【イメージ】→【トーンカーブ(V)】で、次は不透明度を選びます。
線の真ん中辺りをクリックして、左上の方へ引っ張れば濃くなります。

線画抽出04.png

これで完成。
スキャナの性能が良くて、白い部分がグレー掛かってなければ、RGBは弄らなくても大丈夫だと思います。
ポツポツと黒い点(ゴミ)は、手動で消すしかないです。
08s.png

■黄色線画の場合
0hf.png
レイヤーモードの「論理包含」を使う場合。
04h.png
「比較(明るさ)」
00a.png

あとは水色線画のときと同様、トーンカーブRGBで薄い部分を明るく白にし、線画抽出してからその線画の色を濃く変更してください。

posted by むらせ at 2012年12月29日 00:55 | 線画抽出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。