ラフから線画まで

背景を描けるようになりたいので、ゲーム制作で背景練習も兼ねてました。
安いのに便利な定規の付いた猫ペに感謝です。
定規がないと描くのは辛すぎます・・・。

まず背景を描き始める前に、#お絵かきWikiという所の描き方講座リンクから、背景の講座サイトを見ました。
透視法は知ってるけど、感覚を養うためというか。
塗りの参考というか目標は、某18禁ゲーム会社の背景が理想だったのでそこのサイトを頻繁に見に行ってました。

目標とは違うものでも、画面バランスの作り方とか、何か活かせるものはあると思ってます。
人の方法を見て、自分の絵に置き換えてどのツール・ブラシを使えば良いのか考えたり、理想と違えばどうすれば己の理想になるのが考えたり。
そういったことを普段から心がけています。


このメイキングはゲーム用に描いた背景なので、無駄に枠が付いてます。

猫ペイントのバージョンは
Ver1.29 tab23 です。
キャンバスサイズは完成サイズの3倍で1920×1440pixelで。
2倍や4倍が良いと聞きますが、寧ろキッチリ縮小されない方が誤魔化し効くんじゃないかなぁと・・・。
そう思って3倍にしました。

■ラフ

背景_01ラフ.jpg

大まかなイメージを画面バランス考えながらざっくりと。


■下書き

背景_02下書き.jpg

この背景では殆ど意味がありませんでしたが、アイレベルとそこからの線を下書き前に描いてます。
次に奥の壁サイズを決めて、部屋の四角(空間)を作りました。
直線だらけだったので、直線ツールで適当に・・・。
下書きというか、アタリを明確にした感じです。
しかしこんな適当なものでも、家の床の間を確認しに動いたり何かと悩んで30分経ってました。

ゲーム用の枠があるとこんなバランス。
背景_03下書き.jpg

■ペン入れ

背景_04ペン入れ.jpg

保存状態の都合で机で見えなくなる畳の線まで残ってますが(汗)
約3時間半でした。

障子枠はパースグリッド2を使って位置をメモしてから、集中線定規と直線ツールで描いてます。
天井の分割はパースグリッド1を使用。

背景_05ペン入れ.jpg

こちらはグリッドのラインです。
床から確認。
この絵はろくに重なったものがないので他の絵のグリッドでも。

背景_06グリッド例.jpg

グリッドが必要なものが重なっていた場合、線画レイヤーだけでなくグリッド用のレイヤーも別に作っています。

背景_07グリッド例.jpg

手前の一人用ソファー。
これは他と角度が違って二点透視で。
先に描いた3人がけソファーのグリッドを使って高さや幅を合わせているのが、グリッドを見るとわかりますでしょうか?


そうそう、ショートカットですが。
直線ツールをよく使うのに、初期設定だとキーが遠くにあったのでshift+Rに変更しました。
そしてブラシサイズ。
直線ツールを使うと、手書きの時よりもかなり太くなります。

手書き又は定規の集中線を使う時はブラシサイズ4pixelを使い

b.bitmap_file=円2
b.bitmap_folder=|b.n1=4.04426236042943|b.n10=1|b.n100=|b.n11=1
b.n12=1|b.n13=0|b.n14=256|b.n15=1|b.n16=1
b.n17=0|b.n18=0|b.n2=256|b.n201=|b.n202=
b.n203=|b.n21=1|b.n22=1|b.n23=0|b.n24=0
b.n25=0|b.n26=100|b.n27=0|b.n28=0|b.n29=0
b.n3=48.4238004461383|b.n30=0|b.n31=3.71134020618557|b.n32=0|b.n33=0
b.n34=0|b.n35=0|b.n36=1|b.n37=4|b.n38=140
b.n39=0|b.n4=0|b.n40=0|b.n41=0|b.n42=1
b.n43=0|b.n44=1|b.n45=4|b.n46=0|b.n48=256
b.n5=0|b.n6=0|b.n8=通常|b.texture_file=|b.texture_folder=



直線ツールの時には1pixelと使い分けました。

b.bitmap_file=円2
b.bitmap_folder=|b.n1=1|b.n10=1|b.n100=|b.n11=1
b.n12=1|b.n13=0|b.n14=256|b.n15=1|b.n16=1
b.n17=0|b.n18=0|b.n2=256|b.n201=|b.n202=
b.n203=|b.n21=1|b.n22=1|b.n23=0|b.n24=0
b.n25=0|b.n26=100|b.n27=0|b.n28=0|b.n29=0
b.n3=127.762942004749|b.n30=0|b.n31=3.71134020618557|b.n32=0|b.n33=0
b.n34=0|b.n35=0|b.n36=1|b.n37=4|b.n38=140
b.n39=0|b.n4=0|b.n40=0|b.n41=0|b.n42=0
b.n43=0|b.n44=1|b.n45=4|b.n46=0|b.n48=256
b.n5=0|b.n6=0|b.n8=通常|b.texture_file=|b.texture_folder=


よく使うのでキー設定2を使ってショートカット登録で。
キー設定2便利です。万歳v
posted by むらせ at 2009年11月11日 17:12 | メイキング・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塗り途中まで

■パーツ別け

背景_08パーツ別け.jpg

約1時間。
保存状態の都合でキャプチャー動画から(汗)
キャプってると文章用に保存ファイル名変えるの忘れます・・・。
棚の中の塗り分けがないのは、単純な挫折です。

塗り潰し(バケツツール)を使って、パーツ別けをしていきます。
アンチエイリアス使用で%は適当。
そして1pixel追加。
通常レイヤーで塗り潰しも100%。下が透けて見えないように。
選択範囲でなく塗り潰しを使うのは、Ctrl押しっぱなしを消しゴムにしてるので。
塗り潰しの方が楽なのです。

細かい部分は線画からはみ出してしまうので、1pixel追加を止めてみたりもしてます。
しかしそれをやると今度は塗り足りない状態になるから、結局消しゴムorブラシで修正から逃れられません・・・。

背景_09パーツ別け.jpg

棚の内側のパーツ別け。
影を塗る際に隣り合ってるとはみ出したりで修正が面倒なので、1段空けて分けてます。


■塗り(途中)

背景_10塗り途中.jpg

ここまでで3時間半。
後は棚関連と調整というところまでです。

障子なら障子と部分的なものを塗ったら、その場所の線画もレイヤーを透明保護して色を変更しました。
線画の色は塗りよりも濃くして、50%表示にしてバランスを見つつ塗っています。

背景_11畳.jpg
背景_12掛け軸.jpg 背景_13天井.jpg

何かとCIGARETTECANDYさんの色鉛筆セットが重宝してます。
畳は実物を見た時に縫い目のラインが目立ったので縦のラインを定規で描いて。
横のラインは色鉛筆でざかざかと描きました。
縦のラインも色鉛筆で、こちらは透明色を使って横ラインでざっと消してます。
あまり変化なかったですが。なんとなく・・・。
掛け軸の布部分も色鉛筆で描いて模様にしてます。
水墨画っぽいものはそれっぽければいいと思ったので、原寸で見ると意味不明です。
天井や柱部分も質感を意識して色鉛筆セットを使いました。

他、主に使っていたブラシは、

ギャルゲー塗りをする時に使ってる設定
b.n2=78
b.n6=0|b.n4=0|b.n13=0|b.n5=0|b.n14=124
b.n18=141|b.n17=0|b.n16=1|b.n12=1|b.n3=38.1688056047463
b.n21=1|b.n22=1|b.n23=0|b.n24=0.0378849819980828|b.n25=0
b.n31=3.71134020618557|b.n28=0|b.n26=100|b.n27=0|b.n29=0
b.n30=0|b.n33=0|b.n32=0|b.n34=0|b.n35=0
b.n36=1|b.n37=4|b.n38=140|b.n39=0|b.n40=0
b.n41=0|b.n42=0|b.n43=0|b.n44=1|b.n45=4
b.n46=0|b.n100=|b.n1=10.3869516010021|b.n8=通常|b.n10=2
b.n11=1|b.n15=1|b.bitmap_file=円|b.bitmap_folder=|b.texture_file=
b.texture_folder=


エアブラシもどき1
b.bitmap_file=円3
b.bitmap_folder=|b.n1=20.3675721321709|b.n10=0|b.n100=|b.n11=1
b.n12=0|b.n13=0|b.n14=256|b.n15=1|b.n16=1
b.n17=0|b.n18=212|b.n2=2|b.n201=|b.n202=
b.n203=|b.n21=1|b.n22=1|b.n23=0|b.n24=0.752922655415764
b.n25=0|b.n26=100|b.n27=0|b.n28=0|b.n29=0
b.n3=4.10350063872837|b.n30=0|b.n31=3.71134020618557|b.n32=0|b.n33=0
b.n34=0|b.n35=0|b.n36=1|b.n37=4|b.n38=140
b.n39=0|b.n4=0|b.n40=0|b.n41=0|b.n42=0
b.n43=0|b.n44=1|b.n45=0|b.n46=0|b.n48=256
b.n5=0|b.n6=0|b.n8=通常|b.texture_file=|b.texture_folder=


エアブラシもどき2
b.bitmap_file=円3
b.bitmap_folder=|b.n1=88.7934316365098|b.n10=2|b.n100=|b.n11=1
b.n12=0|b.n13=92|b.n14=189|b.n15=1|b.n16=1
b.n17=0|b.n18=248|b.n2=61|b.n201=|b.n202=
b.n203=|b.n21=1|b.n22=1|b.n23=0|b.n24=0
b.n25=0|b.n26=100|b.n27=0|b.n28=0|b.n29=0
b.n3=11.8142383354539|b.n30=0|b.n31=0|b.n32=0|b.n33=0
b.n34=0|b.n35=0|b.n36=1|b.n37=4|b.n38=140
b.n39=0|b.n4=46|b.n40=0|b.n41=0|b.n42=1
b.n43=0|b.n44=1|b.n45=1|b.n46=0|b.n48=166
b.n5=0|b.n6=0|b.n8=通常|b.texture_file=|b.texture_folder=



ギャルゲ用とエアブラシもどき1は重ねると下の色と混ざって伸びるので、ムラを少なくしたいときに使ったり、普通のブラシを使ったあとにそれの淵をぼかすのに使用してます。
エアブラシもどき2は重ねても混ざらない(ように見える)ので、混ぜずに重ねたい時にも使用しました。
posted by むらせ at 2009年11月13日 02:24 | メイキング・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

完成まで

■塗り完成

背景_14塗り終わり.jpg

塗り完成。約3時間でした。
内、修正40分ですorz

背景_15修正.jpg

前の状態から天井の高さが変わり、その分全体を下げました。
最初の高さだと、天井が低いというか障子と襖が大きすぎというか。
畳も、1畳は正方形×2つなのにそのように見えないと気付いたのですが、こちらは時間の都合で妥協。
ぱっと見でおかしいと分かる高さは妥協できずに修正です。
そうそう、ベース塗り分けの時に障子の外枠が足りないことに気付いて無理矢理足しました。
なので一番上の枠だけ少し狭いです。
1日余裕があったら、天井だけでなく線画から直したかったですorz


■完成

背景_16完成.jpg

線画の色変更はその都度やっていたし、大した調整はしていません。
グラデーションツールで障子側に上から黄緑色、逆の襖は下から紫色を被せ、オーバーレイレイヤーにしました。

ゲーム用にメイン背景を9枚、1枚絵用に6枚描いて、改めて経験を重ねることは大事だと思いました。
まず描いてみないと何も始らないですよね。
描く事で気付けた問題点を修正出来るように努力していきたいです。

■動画


ゲームサイトはこちら
Get lost article
もしボカロのカイメイが大丈夫でしたら、試しにプレイしてみてくださると嬉しいです。
ゲームとしては「フリーで手軽に」を目標に作ってます。

posted by むらせ at 2009年11月17日 18:51 | メイキング・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする