レイヤーブレンド【除外】

レイヤーブレンドモードの【除外】です。

smud_exlusion.zip ←ダウンロード

DLしてZIP解凍後、smud_exlusion.dll を pluginフォルダ内の blendフォルダに入れると使えるようになります。
000gwojwaa.png

以前見つけてた計算式の載ってるサイト
http://www.tagen.tohoku.ac.jp/labo/ishijima/Photoshop-01.html
http://dunnbypaul.net/blends/
http://stackoverflow.com/questions/5919663/how-does-photoshop-blend-two-images-together

上の日本語のサイトの計算式 
Overwrap = Bottom(下のすべての色)+ Top(除外を使いたいレイヤー) - 2 * Bottom * Top / 255 
で、あっさり成功しました。
psdファイルに保存するときのkeyは、コッペパンさんが調べてくれてたし。
Microsoft Visual C++ 2008 Express Edition を使えなくしちゃってて、なんとか使えるようにならないか格闘してる時間が一番長かったです。
まさか登録型のフリーソフトで、30日以内に登録しないと使えなくなるとは思わなかったですよorz
あ、結局2010版をインスコしました。
あまり変化なくて助かりました!

この「除外」のソースはtxtで公開しておきます。
カスタムしたいかたはご自由にどうぞです。
smud_exlusion.txt

posted by むらせ at 2014年12月11日 22:38 | レイヤープラグイン/テクスチャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レイヤーモードのちょっとした話

「結合したら色が変わる」とも同じ原因の話です。

テスト用画像です。レイヤーモードを作るとき、確認用はこんな風に適当に描画してます。
book01_005.png

上のレイヤーのレイヤーモードを「除外」にしたらこんな色に。
book01_006a.png

このレイヤー2つをフォルダに入れてみます。と・・・
book01_006b.png

book01_006c.png

これ、フォルダのレイヤーモードを「通過」にしてしまえば、白背景レイヤーを作らなくても大丈夫に見えますが、見えるだけです。
この手のレイヤーモードで結合したいときは、下のレイヤーが不透明度100%でなければいけません。
透明レイヤーと結合すれば、「 結合先(下のレイヤー)の情報がない → 変化しない」ということです。

posted by むらせ at 2014年12月11日 21:54 | レイヤープラグイン/テクスチャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラシ3種

初期セット2(追加セット2)に入れたけど、これまでブログで公開してなかったブラシがあるのを思い出しました。
wbaw.png

というわけでこっちに設定をペタリです。
セットをDLするほどではない方はコピペで試してくださいな。

ブラシサンプルの「ポップな背景用」の、ブラシ画像を四角にして境界使ってテクスチャ使ってジッターHSV使っただけです。
gwawee.png
■ポップ背景_改■
b.bitmap_file=四角
b.bitmap_folder=|b.n1=50|b.n10=0|b.n100=|b.n11=1
b.n12=1|b.n13=74|b.n14=256|b.n15=1|b.n16=3
b.n17=0|b.n18=0|b.n2=256|b.n201=|b.n202=
b.n203=|b.n204=0 0 4096 0|b.n205=0 0 4096 0|b.n21=1|b.n22=1
b.n23=0|b.n24=0|b.n25=0|b.n26=100|b.n27=0
b.n28=50|b.n29=0|b.n3=138.476288103098|b.n30=1|b.n31=0
b.n32=0|b.n33=0|b.n34=0|b.n35=138.686131386861|b.n36=1
b.n37=4|b.n38=140|b.n39=0|b.n4=77|b.n40=0
b.n41=0|b.n42=0|b.n43=0|b.n44=1|b.n45=4
b.n46=0|b.n48=256|b.n49=0|b.n5=204|b.n50=0
b.n51=256|b.n52=0|b.n53=69|b.n54=0|b.n55=0
b.n6=238|b.n8=境界|b.texture_file=砂目|b.texture_folder=



こちらは自分がコピック風を作るならどんなバランスかなぁ?と思って作っていたもの。
ブラシサンプルに既に「コピック」があるので、ブラシ名には描画モードを使いました。
xdzw.png
■比較(暗)
b.bitmap_file=円
b.bitmap_folder=|b.n1=35.2900687099234|b.n10=3|b.n100=|b.n11=1
b.n12=1|b.n13=31|b.n14=256|b.n15=1|b.n16=1
b.n17=0|b.n18=0|b.n2=96|b.n201=0 51 2619 1996 4096 4096|b.n202=
b.n203=|b.n204=0 0 4096 0|b.n205=0 0 4096 0|b.n21=0|b.n22=1
b.n23=0|b.n24=0|b.n25=0|b.n26=100|b.n27=0
b.n28=4.71698113207547|b.n29=50|b.n3=15.2351008239369|b.n30=0|b.n31=0
b.n32=0|b.n33=0|b.n34=1|b.n35=0|b.n36=1
b.n37=4|b.n38=140|b.n39=0|b.n4=16|b.n40=0
b.n41=0|b.n42=1|b.n43=0|b.n44=1|b.n45=0
b.n46=0|b.n48=256|b.n49=0|b.n5=21|b.n50=164
b.n51=0|b.n52=0|b.n53=0|b.n54=0|b.n55=0
b.n6=202|b.n8=比較(暗)|b.texture_file=フェルト|b.texture_folder=


■比較(暗)長方形
b.bitmap_file=長方形
b.bitmap_folder=|b.n1=28.6019110095747|b.n10=3|b.n100=|b.n11=1
b.n12=1|b.n13=31|b.n14=256|b.n15=1|b.n16=1
b.n17=0|b.n18=0|b.n2=131|b.n201=0 51 2619 1996 4096 4096|b.n202=
b.n203=|b.n204=0 0 4096 0|b.n205=0 0 4096 0|b.n21=0|b.n22=1
b.n23=0|b.n24=0|b.n25=3|b.n26=100|b.n27=0
b.n28=64.1509433962264|b.n29=50|b.n3=7.19932811582123|b.n30=0|b.n31=20.377358490566
b.n32=0|b.n33=0|b.n34=1|b.n35=0|b.n36=1
b.n37=4|b.n38=140|b.n39=0|b.n4=16|b.n40=0
b.n41=0|b.n42=1|b.n43=0|b.n44=1|b.n45=0
b.n46=0|b.n48=256|b.n49=0|b.n5=21|b.n50=164
b.n51=0|b.n52=0|b.n53=0|b.n54=0|b.n55=0
b.n6=202|b.n8=比較(暗)|b.texture_file=フェルト|b.texture_folder=

f0wa.png
ブラシ画像の「長方形」は、初期セット1ではfreemaniaさんの「追加用」フォルダに入っています。


あ、キャンソン+境というブラシは、アナログ風メイキングで使ったブラシの、背景補充をなくしたものです。


posted by むらせ at 2014年11月20日 17:52 | 設定・ブラシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

縞々グラデスクリプト

選択しているブラシを使って、縞々を描くスクリプトです。
nt_line_gradation.nas

リスト用
nt_line_gradation.nas line_0w #縞々/横グラデ ピクセル幅
nt_line_gradation.nas line_0h #縞々/縦グラデ ピクセル幅
nt_line_gradation.nas line_1w #縞々/横グラデ 描画本数指定
nt_line_gradation.nas line_1h #縞々/縦グラデ 描画本数指定


猫ペイントの「script」フォルダの中、「menu」フォルダの中に、
DLした nt_line_gradation.nas を入れて、user_list に上の緑の文字列をコピペすると使えるようになります。

新規レイヤーを作り、レイヤー名を変更します。
縞々のピクセル幅を30、ブラシサイズを20〜5にしたい場合のレイヤー名は
30,20,5 または 30,5,20
半角で、カンマかドットかスラッシュで区切ります。
ブラシサイズに小数点は使えません。

ピクセル幅ではなく、何回描画するかの場合、10回描画のブラシサイズ15〜8ならば
10,15,8 で可能です。

スクリプトを実行後、範囲を2回のクリックで指定します。
横縞ならば縦の描画範囲を決めます。横縞で横の描画範囲は指定できません。
てすててて.png
線トーン.png

erwww.png

タグ:スクリプト
posted by むらせ at 2014年09月12日 18:50 | スクリプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。